e+ イープラス presents STAND UP!CLASSIC FESTIVAL'22 in TOSHIMA
豊島区制施行90周年記念事業

LINE UPSTAND UP! CLASSIC FESTIVAL'22出演者紹介

  • 反田恭平×Japan National Orchestra

  • 反田恭平

    反田恭平

    2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールで日本では半世紀ぶりの最高位第2位を受賞。
    2016年のサントリーホール 完売のセンセーショナルなデビュー・リサイタル以降、毎年定期的にリサイタルや国内外のオーケストラとのツアーを全国で行なっている。
    2018年からは室内楽や自身が創設したジャパン・ナショナル・オーケストラのプロデュースも行っており、2021年5月にはオーケストラのための新会社を立ちあげ、奈良を拠点に世界にむけて活動を開始している。
    海外での活動も増え、2020年パリ:サルコルトー、ウィーン楽友協会でデビューを果たし現地の観客から称賛を得ている。

    2015年に日本コロムビア よりCDデビューを果たし、2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げ、CDの売り上げを伸ばしている。

    また「題名のない音楽会」、「情熱大陸」など音楽番組はもちろん、ドキュメント番組やニュース番組などメディアへの出演も多くクラシック音楽の普及にも力を入れている。
    2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行い、2021年からは若手の音楽家とファンを繋ぐコミュニケーションの場となる音楽サロン「Solistiade」も運営している。
    2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を経てF.ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科に在籍。

    Japan National Orchestra

    Japan National Orchestra

    ピアニスト反田恭平がプロデュースし、同世代のソリストとして活躍する実力派アーティストに声をかけ2018年「MLMダブル・カルテット」としてスタート。2019年「MLMナショナル管弦楽団」として管楽器を加え再編成してコンサートツアーを行い、東京・サントリーホールで行われた公演では2000席が完売したことをはじめ、室内楽では異例の動員数をたたき出した。
    2021年1月MLMナショナル管弦楽団をJapan National Orchestraと改名。会社組織を作り運営をスタートした。メンバー個々人のリサイタルシリーズを展開中するなど常にアンサンブルの新しい魅力の開拓に挑戦している。

  • 角野隼斗×フランチェスコ・トリスターノ

  • 角野隼斗

    角野隼斗

    1995年生まれ。
    2018年、東京大学大学院在学中にピティナピアノコンペティション特級グランプリ受賞。これをきっかけに、本格的に音楽活動を始める。2018年9月より半年間、フランス音響音楽研究所(IRCAM)にて音楽情報処理の研究に従事。これまでにジャン=マルク・ルイサダ、金子勝子、吉田友昭の各氏に師事。2021年、第18回ショパン国際ピアノコンクールでセミファイナリスト。
    これまでに読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。2020年、1stフルアルバム「HAYATOSM」(eplus music)をリリース。オリコンデイリー8位を獲得。
    クラシックで培った技術とアレンジ、即興技術を融合した独自のスタイルが話題を集め、”Cateen(かてぃん)”名義で活動するYouTubeチャンネル登録者数100万人超え、総再生回数は1億回を突破(2022年6月現在)。クラシック音楽に確かな位置を築きつつも、ジャンルを越えた音楽すべてに丁寧に軸足を置く、真に新しいタイプのピアニストとして注目を集めている。

    フランチェスコ・トリスターノ

    フランチェスコ・トリスターノ

    2004年、オルレアン(フランス)20世紀音楽国際ピアノコンクールで優勝、またルクセンブルク・フィルハーモニーによりヨーロッパ・コンサートホール協会の「ライジングスター」ネットワーク・アーティストに選出され、ウィーンのムジークフェライン等ヨーロッパの著名ホールで数多くリサイタルを行う。ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ・フェスティヴァル、ルール・ピアノ・フェスティヴァル等著名な音楽祭に参加。2000年、19歳でミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団とアメリカ・デビューを果たす。
    また、これまでにミハイル・プレトニョフ、クラウス・ペーター・フロール、エマニュエル・クリヴィヌ等の著名指揮者と共演。さらに2010年には、ハンブルク交響楽団(音楽監督:ジェフリー・テイト)のレジデント・アーティストに選ばれ、ソロ・リサイタル、テクノ音楽の公演、また同楽団のソリストとして多数の公演に出演。2012年1月のハンブルク交響楽団のアメリカ・ツアーにもソリストとして参加。2001年の初レコーディングではバッハの「ゴルトベルク変奏曲」を、その後バッハの鍵盤の協奏曲の全チクルスを録音。2005年、ルチアーノ・ベリオの全ピアノ作品の録音をリリース、2006年、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団の共演でラヴェルのト長調の協奏曲&プロコフィエフの第5番の協奏曲をリリースし各誌で絶賛される。
    2010年2月の本格的な来日公演では全国6箇所の公演で大成功を収める。同年3月、ユニバーサル・クラシック&ジャズ(ドイツ)と専属契約を交わし、2011年3月にドイツ・グラモフォンからデビューCD「bachCage」をリリース。同年6月、再来日を果たし全国6ヶ所で公演を行う。この6月の来日ではNHKBSプレミアム「クラシック倶楽部」にも出演。2012年2月、ダンスの鬼才、勅使川原三郎、佐東利穂子と「リユニオン~ゴルトベルク変奏曲」公演をすみだトリフォニーホールで行う。2012年3月、京都コンサートホールでドイツ・グラモフォンCD第2弾「Long Walk」を録音、9月にリリース。2014年6月、アリス=紗良・オットとのピアノ・デュオのアルバル「スキャンダル」をリリース、合わせて日本全国5箇所でアリス=紗良・オットとのピアノ・デュオ・リサイタルを行う。ソニー・クラシカル移籍後、2017年「ピアノ・サークル・ソングス」、2019年「東京ストーリーズ」、2022年最新のアルバム「オン・アーリー・ミュージック」をリリース。

    1981年、ルクセンブルク生まれ。
    ルクセンブルク音楽院、王立ブリュッセル音楽院、ラトヴィア音楽アカデミー、パリ市立音楽院で研鑽を積んだ後、1998年ジュリアード音楽院に入学、修士の学位を得る。

  • 石井琢磨

    石井琢磨

    2016年ジョルジュ・エネスク国際コンクール(ルーマニア・ブカレスト)ピアノ部門第二位受賞。日本人ピアニスト初入賞の快挙。
    国内外で演奏活動を行う他、”TAKU-音 TV たくおん”名義でYoutubeチャンネルを開設。総再生回数はわずか2年で2500万回を超え、チャンネル登録者数も16万人を超えて、なお増え続けている。(2022年6月現在)
    東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経てウィーン国立音楽大学ピアノ科に入学、同大学ピアノ科修士課程を満場一致の最優秀で卒業。現在ポストグラデュアーレコースに在籍。
    オーソドックスな古き良きクラシック音楽に主軸を置きながら、「クラシックをより身近に」をコンセプトにした動画配信も行う新しいタイプのピアニストとして活動している。

  • 大井健

    大井健

    幼少期に渡独、渡英。メンデルスゾーンの子孫から直接ピアノを学び、Worthing Music Festival、Reigate & Redhill Music Festival 等数々のコンクールで優勝および入賞、13 歳でロンドンにてピアノ協奏曲をオーケストラと共演するなど演奏活動を開始。帰国後、国立音楽大学を卒業。在学中『くにたち音楽会』、『ソロ・室内楽定期演奏会』出演。『ゾリステンコンサート』にてラフマニノフのコンチェルトをオーケストラと共演。
    オペラユニット「LEGEND」専属ピアニストを経て 2015 年キングレコードからメジャーデビュー。セカンドアルバム『PianoLove II』でビルボードランキング 1 位を記録。
    2017 年ソニー『Xperia』のTVCM に出演。また、作曲家とピアニストのピアノデュオ「鍵盤男子」を結成、2017 年ワーナークラシックスからメジャーデビュー。2020 年鍵盤男子を勇退し独立。
    著作『Piano man/集英社』を発表。2021年アルバム『reBUILD』をリリース。全国ツアー『PIANO CLASSICS』を 11 都市で開催。2022 年 1月より集英社『青春と読書』にて連載開始。演奏の他、メディア、執筆、講座、レッスンなど多方面で活動中。

  • 菊池亮太

    菊池亮太

    4歳からピアノを始める。
    国立音楽大学附属中学、高等学校卒業。日 本大学芸術学部音楽学科および同 大学院修了。2008年アジア国際音楽コンクール第5位、第5回ブルクハルト国際音楽コンクール第3位(1位なし)、第12回「万里の長城杯」国際音楽コンクール第2位等数々のコンクール入賞。日大芸術学部「ジェームズ&ダン・道子」奨学生。第82回読売新人演奏会出演。第30回及川音楽事務所新人オーディション最優秀新人賞受賞。
    音楽大学在学時よりアーティストのサポートや楽曲制作にて音楽活動を始める。現在は、テレビ番組・映画音楽・アニメ音楽・ゲーム音楽や、東京オリンピックCM等の楽曲提供も手掛ける。
    また、Twitter、YouTubeにて演奏動画の投稿を開始。ストリートピアノや「バーでバレずに○○を弾く方法」等のYouTube動画が視聴回数1億7千万回以上、チャンネル登録者数43万人を超える反響を得る。自身のバンド「アノアタリ」では、キーボード・作曲を担当。

  • 紀平凱成

    紀平凱成

    2001年生まれ。
    幼児期より、風の音や鳥の声などを音符で表現し、様々なジャンルの音楽に夢中になった。楽器で遊ぶ内に音楽理論を自然と習得、鍵盤に触れずに白紙に一気に音符を並べる独特のスタイルで数千の曲を書きためる。
    クラシックとジャズを高次元で融合させ、その緻密で複雑な演奏技巧と高い演奏効果で、世界中のピアニストを魅了するニコライ・カプースチンの楽曲を得意とする。エネルギッシュな技巧と繊細な音色で国内外の賞を受賞。
    17歳で、英国トリニティ・カレッジ・ロンドンのDiploma取得。瑞々しい感性で紡ぐメロディと斬新なハーモニー、縦横無尽な即興演奏も生かし独創的な世界を描く。その異才ぶりは、「ザ!世界仰天ニュース」「スッキリ」「24時間テレビ」「おもちゃ屋M I S I A」他、数々のメディアでも紹介され話題を呼んでいる。
    東京2020パラリンピック開会式楽曲演奏。

  • ござ

    ござ

    5歳から18歳までクラシックピアノを習い、大学からはジャズバンドで活動する傍らネットでの動画投稿と生配信を続ける。
    2017年からはジャズのノウハウを活かしたピアノ講座動画がTwitterで人気を博し、2022年2月現在、YouTubeチャンネル登録29万人を超える。生配信ではあらゆるジャンルのリクエストに対応し、自在に即興アレンジを加えて演奏することを持ち味としている、高い技術力と表現力を持つピアニスト。
    実力者が集まるオムニバスライブ「NEO PIANO CO. LABO.」への出演をはじめ、月刊Pianoでの講座連載、テレビ番組へのオープニングテーマアレンジ提供や、音楽ゲーム「BEMANI」シリーズへのピアノトラック収録など、さまざまに活躍の場を広げている。

  • 髙木竜馬

    髙木竜馬

    2018年9月に第16回エドヴァルド・グリーグ国際ピアノコンクールにて、優勝及び聴衆賞を受賞し、一躍世界的に脚光を浴びる。
    その他にも第26回ローマ国際ピアノコンクールなど、7つの国際コンクールで優勝。その後、小林研一郎氏、尾高忠明氏の指揮により3回に亘って東京フィルハーモニー交響楽団と共演した他、オスロフィルハーモニー管弦楽団との共演、ウィーン楽友協会やエルプフィルハーモニー等でのリサイタルなど、日本とウィーンを拠点に多方面で活躍。NHK総合テレビ『ピアノの森』では、雨宮修平メインピアニスト役で出演し、大好評を博す。
    その他にもTV『題名のない音楽会』TV『ららら♪クラシック』等々、メディアへの出演多数。故エレーナ・アシュケナージ、故中村紘子、ミヒャエル・クリスト、ボリス・ペトルシャンスキー、アンナ・マリコヴァの各氏に師事。
    (公財)江副記念リクルート財団 第35回奨学生。

  • 廣津留すみれ

    廣津留すみれ

    大分市出身。12歳で九州交響楽団と共演、高校在学中にNY・カーネギーホールにてソロデビュー。ハーバード大学(学士)・ジュリアード音楽院(修士)を卒業後、NYで起業。

    大学在学中に世界的チェリスト、ヨーヨー・マとの度々の共演を果たしたのを皮切りに、米国にて演奏活動を拡大。リンカーン・センターやMoMA近代美術館にて自身の四重奏団の演奏を行うほか、ワシントンDCのケネディセンターにて野平一郎氏と共演。The Knightsのメンバーとして録音したギル・シャハムとの最新アルバムがグラミー賞2022にノミネート。これまでに『ファイナル・ファンタジー』シリーズなど名作ゲームの録音を担当。『サンデージャポン』(TBS)『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ )でのスタジオ演奏も話題に。

    演奏の傍ら、大分での英語セミナーSummer in JAPANの開催や、「講演演奏会シリーズ」企画など多方面で活動中。 著書に『超・独学術』『新・世界の常識』(KADOKAWA)『世界最高の考える力』(ダイヤモンド社)。テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』金曜レギュラー。成蹊大学客員講師・国際教養大学特任准教授。

  • 麻衣

    麻衣

    東京生まれ。2歳からピアノを始める。
    4歳で、父、久石譲が音楽を手がけた、映画「風の谷のナウシカ」の劇中歌『ナウシカ・レクイエム』を歌う。6歳からNHK 東京児童合唱団に所属。2005年韓国映画「トンマッコルへようこそ」テーマ曲によりソロ活動を本格化。2007年日産スカイラインCM 曲『I will be』では作詞も手がける。2008年宮崎駿監督「崖の上のポニョ」のイメージアルバム収録『ひまわりの家の輪舞曲』をうたう。また、この年リリースされた DAISHI DANCEのハウスミュージックアルバム『the ジブリ set』に、麻衣がうたう『君をのせて』が収録。2011年7月に全世界で公開された映画「ハリーポッターと死の秘宝 Part2」のオープニングテーマを、同年 12月の NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部主題歌『Stand Alone』をうたう。
    「マレフィセント」日本語版主題歌『Once Upon a Dream ~いつか夢で~』、「シンデレラ」日本語版エンドソング『夢はひそかに(Duet version)』と、ディズニー映画の作詞を手がける。
    長野県中野市音楽親善アンバサダー。
    1996年に結成された女声合唱団リトルキャロルを主宰。2017年パリから始まった「Joe Hisaishi Symphonic Concert: Music from Films of Hayao Miyazaki」世界ツアーにソリストとして参加。2022年には、ニューヨークRadio City Concert Hall、ロンドンWembly Stadium、シアトル公演他を予定している。

  • 豊島岡女子学園中学校・高等学校コーラス部

    豊島岡女子学園中学校・高等学校コーラス部

    豊島岡女子学園中学校・高等学校は、豊島区・東池袋にある中高一貫の女子校である。
    コーラス部は中高合わせて約100名の部員で活動している。主な活動は、文化祭でのミュージカル上演や合唱発表、コンクール出場である。これまで、中高合わせてNHK全国学校音楽コンクールや全日本合唱コンクールにおいて34回全国大会へ進み、金賞を11回受賞、うち内閣総理大臣賞を4回受賞している。
    2012年、豊島区内の中学高校では初となる豊島区文化功労賞を受賞。また、2011年、NHK紅白歌合戦でのFlumpool「証」のバックコーラスとしての出演や、国際森林デーにちなみ「海の森公園」で行われた植樹イベントでの演奏など、外部の演奏機会も多い。
    指揮の柴田由美は武蔵野音楽大学卒業後、同校の音楽科教諭となり、コーラス部を指導して今年40年を迎える。